アフィリエイトは収益を上げるページ作りの考え方をつけること

ブログ基本設定・運用術
Sponsored links

アフィリエイトでお金を稼ぐ考え方 1ページの質

毎月いくら稼ぐから1ページいくら稼ぐに転換する

最初、月3,000円(3千円)ぐらいアフィリエイトで稼いでいた時は毎日300円稼げたら30日で9,000円。毎日1,000円なら30日で30,000円と言う考え方を持っていたのですが。
毎月15,000円(1万5千円)ぐらいでアフィリエイトが止まってしまって、伸び悩んでしまった時に、その考え方が変わりました。

毎日いくらいくら稼ぐという考えから、1ページ(コンテンツ)の一ヵ月の収益の考え方に転換に変わりました。

稼げるページを作ることです。
一ヶ月1,000円稼いでくれるページを10ページ持てば10,000円(1万円)。
100ページ持てれば100,000円(10万円)になります。

そういったブログの作り方、考え方を持つことで、収益を発生しやすくなります。
案外稼いでいない様な方は考え方が分かっていないような気がします。

必ず稼げるページを作ることです。

このページも3,000円と3千円を文字として入れているのも、どちらで検索されてもSEOの上がるように文字に入れているから。と、そうゆう小さなことをしっかりとやっていれば、毎月同じような額が稼げます。
稼げると楽しいものです。

収益を上げる1ページとは

1ページで稼ぐ考え方は私はこのページで考え方が養われました。

このリーバイスのページはアクセスは多いのにちょこちょこしか売れなくて、自分は知識があっても、売れるに繋がるような書き方を最初にしていなかったんですよ。

最初はただ、サイトを作って人の役に立って、お金になればいいな。と言う気持ちでしたが、たくさん見られるけれども、お金に繋がらないということが分かって。

諦めていたのですが、アフィリエイトの本を読んでいて、アフィリエイトはリライトRewriteが本当に大切と書いてあって。
下調べに4割、記事にする2割、リライトする4割と何かで見て。

それと、ネットに詳しい友達がたまたまロシア語留学した時の友達で居て。
その人の助言もあって、それから昔よりは分かった気がします。

閲覧する読者のことを考えて、こうすれば買われるだろうなと思って。

ネットでジーンズなどのパンツを買う時の裾上げの測り方や股下股上の感じを分かりやすいようにマーカーを付けて、h2h3の中タイトルにキーワード(検索されそうなキーワードや自分のここを見てもらいたいという意思表示)を入れて、リライトしました。

それと、迷わせるページは見るだけで購入もされないと思います。
記事に迷いがあるとだめ。
答えはまだ模索中ですが。

書き出しに

商品説明 メーカー説明 ←ここで商品リンク
自分の商品の感想
買い時の注意点
ネットで買う時の買い方(裾上げとかポイントとか)
買うECサイトの違い ←ここか商品リンク
まとめ ←ここか商品リンク

この様に迷いなく進んで購入してくれるようなページの作り方です。

商品知識があっても、購入してくれるないと成果が出ないので。

自分は最初と最後での商品リンクのサンドイッチがいいのかな?なんて思うのですが、これも答えがどうなのか分からなくて、今のところ最善なのかな。

実験してページを作ってみることもやると良いです。

アクセスはあっても売り上げに繋がらないのはなぜ?となります。
検索に「調べに来ている人」と「購入するために来ている人」色々な人が居ます。

それをサーチコンソールでどんな検索そのページに見に来ているのかを調べてみると分かります。

記事を書いてそのままではなくてリライトして、記事を再構築しましょう。

このジーンズのページはそれまで3ヶ月に1度くらい1ジーンズ売れればいいかなって言うページだったのが、再構築して月1,500円の収益をジーンズページだけで入るようになって。

それから考え方が180度変わりました。

毎日いくらよりも、確実に稼げるページを作ることで安定的な収益を得られる。

もし、1ページが稼げても次の月稼げなかったら、ページを量産しているので、次の月は他のページでカバーしている。だから収益の上げるページを作ることです。

先ずは考え方を持つことです。

アフィリエイトは稼げるから。
そう思って始めた人は全く稼げなかったりします。
稼げる人はほんの一握りです。

稼いでいない人はアフィリエイトのコツを分かっていなかったり、只商品を貼っているだけの人が多いです。

悩みがあって、そこにたどり着くので、満足して買えれば買ってくれたり、登録してくれたりします。

人の悩みを解消することで、成果に繋がります。

薄い内容よりも1ページの質を高めてください
その考え方です。

コメント