google AdSenseのアフィリエイトとして収益の考え方

google AdSense
Sponsored links

google AdSenseのアフィリエイトとして収益の考え方

google AdSenseの審査通過をしたら、google AdSenseのアフィリエイトとして収益の考え方、知識を得ることです。
google AdSenseはPV表示報酬とクリック報酬があります。
広告の単価も様々で、私の思うところだと0.1円からや0.01円から始まるような気がします。
google AdSenseはPV報酬型とクリック報酬型と例えられますが、私はそれプラス、成果報酬も入ると思います。
成果報酬はクリックして、物が買われた場合です。
クリックだけだと低いけれども、クリックして買われると単価が高くなるような気がします。

クリックしてもその単価の物があるし、買われるとまた違ってくるということをがあると頭の片隅に置いておくぐらいの知識でいいです。

google AdSenseの広告はgoogle AdWordsの広告主側と連動して広告を表示します。

主に、入札で広告枠を売っていると思うのですが、それが広告単価を表していると思います。

google AdSenseの単価

そのgoogle AdWords単価なのですが。
例えば、何でもブログやレビュー系youtubeを例に取り、amazonで広告が表示されるとすると、その広告単価は11円(昔キャプチャーした時の単価)となります。

私も経験があるのですが、クリックされても0円と言うのがあります。
それは広告によって単価が違うからと言うことを認識していただくことです。

youtubeやブログで「商品レビュー」をしても、表示される広告単価が低いので、アクセスを稼がない限りは収益を上げにくいということです。

どのように単価が違うのかと言うと、例えば「主婦」で調べてみると、入札の単価の幅がとても広いです。


それだけ、単価が高いというのが伺えます。
それで、背景を考えてみると、やはり雇用があると思います。
主婦≒雇用や求人が背景に見え隠れしていることが分かります。

主婦向けに書いた記事であれば表示される広告単価が高い物が表示されやすくなるということです。

これは広告側から高い単価を意識すれば、ブログをそのようなテイストに作っていればできることです。

google AdSenseでアフィリエイトをするということは、そうゆうことを意識してください。

それで、モンスター級の化け物単価で有名なので「FX」です。
投資の中でも、群を抜いて単価が高く、これでアクセスを稼げるようなブログを作った時にはかなりの収益を上げられると思いますが。リスクが高いのでFXは諸刃の剣みたいなところもあるので、おすすめはしませんが、単価としてそうゆうものがあると分かっていただければいいです。

広告の表示には二種類ある

広告が表示されるのには二種類あります。
内容に沿った広告とクッキーによる履歴からの広告です。
内容に沿った広告は、例えば、youtubeでゲームを上げたとしましょう。
そうしたら、ゲームなので、ゲームの広告が表示されます。

クッキーによった、個人パソコンの閲覧の履歴から表示される広告は、個人が何を普段見ているのか、その広告が表示されます。

例えば、先程言った、広告単価からブログ内容を沿って作ることが出来た場合は内容に沿った広告が表示されますが、クッキーによって表示される広告もあるので、また、広告単価も変わってくるということです。

クッキーによって広告が変わるものは、利点もあり、普段単価が安いレビュー系の中に、その方が、普段見ている様な高い広告単価のものがクッキーとして表示されることがあるから、それが良いと思います。

これも、そのようなことがあると知っておいてください。

表示ユニットとバナーサイズ

様々なサイズがあり、それを組み合わせることで、ヘッダーの下や右カラム内や記事内に広告を表示させるのですが。

今の時代はスマートフォンからの閲覧検索が6割7割ぐらいとされています。

上の様に自分でカスタマイズしても、これはパソコンでしか広告が有効ではないのです。

その中で、レスポンシブ広告があります。

レスポンシブ広告は広告サイズが自動的に合う広告なので、パソコンやスマートフォンに広告を載せた時に、パソコンのヘッダーサイズの様に横長の広告や、スマートホンの記事内に長方形の広告に自動で表示されます。

wordpressのテンプレートの中には、レスポンシブ広告のコードだけ入れておけば全てのサイズで変更してくれるテンプレートがあります。

例えば、cocoonのテンプレートだったり。

これでブログ記事内に広告を自動的に表示してくれますので、とてもいいです。

1クリックやPVの単価は内容によって異なる

これを見ていただきたいのですが。


ページはページの表示回数なのですが、たくさん表示してあっても(アクセスを稼いでいても)、収益を上げられていないものと、全然表示されていないのに、1クリックで高い収益を上げているもの。
ばらばらなのです。

でも、やっぱり、google AdSenseをやるには、アクセスが付き物です。
アクセスあっての収益です。


これは特に単価が分かりやすいです。
クリックされて値段が全然違いますよね。
クリックされて、多分商品が買われての成果報酬で高くなっているんじゃないのかな?と予想推測しています。

こっちは1クリックの単価の違いがサイト別、ブログ別に違います。

このクリックの背景から、一番上位のサイトは専門サイト、それ以外は何でもブログなので、専門サイトの内容に沿った広告表示の強みが出ています。

まとめ

google AdSenseの審査を通ったら、どのように広告が表示されて、その表示されるものには様々な単価があることを理解してください。

理解した上で、ブログ作りをすると、収益アップに効果的です。

何も知らないで、何でもブログを作ってしまうと表示される広告にも統一性が無くなります。

来る人に望まれる広告が表示されることが良いです。

いい例が、1クリックの単価に違いです。

単価が高いとその分利益もあります。

しかし、アクセスが無かったら、google AdSenseは稼げないので、アクセスがちゃんと見込める分野のブログを作ることです。
長く安定的に稼げるブログが作れます。

google AdSenseを続けていくと楽しさもあって、良質な記事と比例するからです。

例えば、それが見られない様なアクセスを稼がない記事でしたらだめですが。
記事を書いた時は全くアクセスが無い記事が2、3ヶ月経ったらいいアクセスを稼ぐ様な記事は見られている分google AdSenseの収益に比例するので。

今月は先月をいくら超えたいなと言う気持ちが毎月の様に芽生えてきます。

いい記事を書くことでそれが未来への投資に繋がります。

そうしたら2、3ヶ月後には記事が成長してくれたら、google AdSenseの収益も上がっているという感じになるので、それがうれしい気持ちになります。

「よし、またブログ記事を書くぞ」と志気が高まります。

そうしていくと、良いサイクルが出来、記事を書くが出来ていきます。

アクセスが上がったり、収益が上がることは、目に見えたうれしさですので。

皆様もgoogle AdSenseの表示される広告によって収益が違うなどを理解した上でブログ記事を書くようにしていってください。

広告単価が低い物よりは少しでも高い物が良いですので。

google AdSenseの審査が通ってない方はこちらに統計を取ったものを載せておきます。
審査と時の通る基準としてご参考に。
google AdSenseの審査に通る文字数の統計と倫理観

がんばってください。では。

コメント